刑務作業の中身とは

刑務作業とは、刑法に規定された懲役刑の内容であり、受刑者の矯正および社会復帰を図るための作業になります。
受刑者に規則正しい勤労を送らせることによって、心身の健康を維持して勤労意欲を養成して、共同生活での責任や役割を自覚させるとともに、職業的な知識や技術を身につけて円滑な社会復帰を促進することを目的としています。
作業の中身は、企業からの作業注文によって、木工製品の製作、印刷作業、衣類などの縫製作業、金属の溶接や切断などの金属加工、革製品の縫製、そのほか組み立てなどの作業が行われています。
刑務所で作業が行われることによって、受刑者の矯正だけではなく、企業も一定の安定した労働力が確保できる、土地の確保や工場など設備に対して費用がかからない、情報管理が徹底されている、労務管理の手間が無い、福利厚生費用がかからないなどのメリットがあります。
こうして作られた製品は、さまざまあり、剣道防具や神輿、桐たんすや小物入れ、洗剤や乾麺など多彩なものが作られているのです。
販売会、常設会場などで販売されており、質がよく市場価格と比較して安価であると言うことから、多くの人でにぎわいます。売り上げの一部は、犯罪被害者支援団体の活動に助成されています。

Filed under: 未分類 — 少年 10:27 PM