面会のルール

刑務所の種類の中には少年刑務所というものが用意されています。一般的には未成年が利用する施設であると認識されていることが多いものですが、26歳未満の方が利用できるものとされています。刑務所に関しては常に規律正しい生活を送ることが義務付けられており、生活習慣を正しながら仕事をさせることが日課とされています。外部からの接触に関しては、いわゆる面会と呼ばれるものが用意されているのですが、この件に関しては一定の規定を設けていることが一般的になります。少年刑務所の場合では、該当する方は原則として3親等以内の方に限定されています。親や兄弟、子供などが該当することになり、いとこなどの場合では、4親等に該当しているために、原則として許可されていません。また、元々が学生の方の場合では、学校の校長を始めとして教師などの場合では認められることがあり、その他のケースでは少年本人にとって意義のある人物の場合では、刑務所によっては認可される場合もあります。会話に関しては一般的な刑務所とは異なって、ガラス越しに会話をするのではなく、一般的な室内で行われることになります。差し入れに関しては飲み物などは許可されることが多く、その場で消費しなければならないルールとされていることが一般的になります。

Filed under: 未分類 — 少年 10:31 PM