少年刑務所で授業が受けられる

国内に存在している少年刑務所では、その多くが義務教育だけではなく、高等学校に準ずる内容を持っている授業を受ける権利を持っていることになります。少年刑務所では原則として26歳未満の子供が収容されることになりますが、その中でも義務教育をしっかりと受けていない子供や、高等学校に進学をしていない子供数多く存在していることが事実としてあります。そのため、今後の人生を見据えると、やはり一定の教育を受けさせることにメリットがあると判断されており、刑務所によって指導が実施されていることになります。通常では日中には刑務とされる業務を行うことが日課になります。この点に関しては就業体験などを行うことが可能とされており、社会復帰をした際に役立つものとされています。例えば義務教育の場合では、国内の刑務所の中には刑務を行わずに学校教育を実施しているものもあり、普通の学校生活のような体験を行うことができます。高等学校の学習を希望されている場合では、通信教育をメインとして、各種教科を学ぶことが行われています。実際に刑期中に学校を卒業される方も存在しており、高等学校の卒業証書を手にする子供たちも数多く存在しており、人生において役立つものとされています。

Filed under: 未分類 — 少年 10:31 PM