余暇活動や慰問について

少年刑務所と呼ばれる施設は全国各地に点在しており、26歳未満の方を対象としていることが一般的になります。所内の活動としては、社会的に役立つ技術や知識を身に付ける内容があり、例えば木工関連や金属加工、自動車整備や内装工事、クリーニングの技術、農業関連、現在ではパソコンを使った技術などの習得も用意されており、刑務所を出た後に職業として役立つ内容を持っていることになります。そんな中、刑務所内での余暇活動として用意されている内容もあり、この点に関しては各刑務所によって違いがあります。一般的に広く用いられている内容としては、球技などを行う場面があり、連帯感を持たせることが可能とされており、同時に余暇として楽しめる内容を持っていることになります。他には水泳競技を行ったり、テレビやラジオ放送を見聞きすることも可能とされています。読書を楽しむ時間を設けている場合も多く、学習に役立つ内容も持っています。慰問行事として開催されているものもあり、この内容に関しては学芸会のように少年が自ら行う内容を持っているものから、部外者が講演を行ったり、各種祭典などを施設内で開催することが行われています。常に規則正しい生活を送ることが優先されますが、余暇や慰問を大切にしている一面も持っています。

Filed under: 未分類 — 少年 10:31 PM